Connecting Japan with the world. BRIDGING THE GAP.

WHAT WE DO

BTGの社名の由来は「Bridging The Gap」(ビジネスにおけるギャップを埋める)の頭文字から取られており、主に海外のIT企業が日本市場に進出する際のサポートを目的として設立されました。

創業者であるデヴァダス・パラカルは、インドの最大手ITコンサルティング企業であるタタコンサルティングサービシズの日本法人代表、ベリングポイント(現プライスウォーターハウスクーパーズ)上級管理職を務めるなど、25年のコンサルティングとIT分野の経験があり、日本において20年以上に渡るビジネス経験があります。

海外企業の日本進出に加え、日本企業の海外市場への進出サポート、またインドのオフショアリソースを活用した自社グループ開発サービスを日本国内・香港・マレーシア・韓国などのアジア地域向けに展開して参ります。